1/10

四天王寺

永代供養

​観音堂

 聖徳太子が建立したと伝えられる、1000年以上の歴史を持つ三重県津市の曹洞宗の中本山、四天王寺。その静かな境内の森に、誰もが利用できるように新たに建築した、納骨室を内包する永代供養観音堂。境内全体の回遊性を保持しつつ、地面の一部を切り開き持ち上げて4枚の屋根とし、参道から訪れる人々を優しく迎え入れます。観音像を中央に配置し、その台座内を合同納骨室としました。そして周囲の壁には個別納骨室を設けました。

 植栽で覆われた屋根は、春にはピンクの花で包まれます。その切れ目から光が差し込み、柔らかな風が通り抜け「納骨堂」という限定された場所を、散歩の途中で人々が立ち寄れるような、新たな祈りと安らぎの空間へと導き、提供します。

​竣工年

​2016/4

​所在地

三重県津市

​用途

観音堂 納骨堂

​構造

鉄筋コンクリート造

​延床面積

84.65m2

CONTACT

〒514-0007 三重県津市大谷町254 エンデバービル4F

Tel 059-253-6200  Fax 059-253-6201  ​E-MAIL ads@adsads.co.jp

建築デザイン研究所

  • Instagram